体の冷えで悩まされているなら、体を温める作用がある紅茶がオススメ

体の冷えで悩まされているなら、体を温める作用がある紅茶がオススメ

コーヒーや紅茶が大好きで毎日飲んでいるという方は多いと思います。
休憩時間やおやつに飲むコーヒー、紅茶はホッとしますよね。

 

実際、コーヒーの香りには気持ちを落ち着かせる効果があると言われています。
でも、その一方でコーヒーの飲みすぎは体に良くないと気になっている方もいるのではないでしょうか?

 

お茶に含まれるタンニン

 

コーヒーだけではないのですが、コーヒーや緑茶、紅茶にはタンニンが含まれます。
このタンニンは鉄と結合して鉄分の吸収を妨げる作用があるのです。

 

特に不調がないなら良いのですが、生理痛で悩まされている生理中の女性はたくさん飲むのを避けた方が良いと思いますし、普段も1?2杯がオススメです。
そして体の冷えで悩まされているなら、体を温める作用がある紅茶がオススメです。

 

冷え性さんにオススメの紅茶の飲み方

 

紅茶に生姜を入れて生姜紅茶にすると体が温まるというのは、聞いた事があるいう人も多いとお思います。
乾燥、加熱した生姜には”ショウガオール”という体を温める成分が入っているのですが、血液の流れを活発化させ体の中から体温を上げてくれると言われています。

 

生姜ブームから、今では乾燥生姜、飲みやすい乾燥生姜粉末も手に入れやすくなりました。
チューブの生姜でもいいという意見も見かけますが、無添加なら良いと思います。

 

添加物入りのチューブ生姜では、体に良くないですし、そもそもどれくらい本物の生姜が入っているかわかりません。
せっかく健康ににいい事をするなら、効果が出やすいように安全なものを選びたいですよね。

 

さらに上級者向けの飲み方

 

さらに生姜紅茶に、プラスアルファするとオススメなのは、干したみかんの皮。

 

漢方では陳皮(薬膳では乾姜)と呼ばれていて、気の巡りを良くし代謝を促進、消火器を温めてくれる効果があります。
また、咳、痰が絡む風邪の時などにもオススメです。

 

自分でも簡単に作れるのでつくり方を書いておきます。

 

@無農薬のみかんを買ってきて普通に食べる
A残った皮をザルに並べて3?5日太陽の下で乾燥させ、夜は室内に入れる
Bみじん切りにして保管する
C紅茶や薬味にして食べる

 

作る場合は是非、無農薬みかんで!

 

適度な量を守ろう

 

いくら紅茶が体を温めてくれるといっても、がぶがぶ飲みすぎるのはよくありません。
1日1〜2杯のお茶の時間の楽しみとしましょう。

 

また、毎日コーヒー、緑茶を飲んでいるという方は紅茶に置き換えてみるといいと思います。