素肌のまま直射日光に当たり続けているとシミになりやすい

素肌のまま直射日光に当たり続けているとシミになりやすい

シミは色素沈着のひとつで、肌を外的刺激から守ろうとする防御反応で、できやすさは個人によって違いがあります。

 

ただ全体の傾向として肌の新陳代謝が衰え、メラニン色素の排出がターンオーバーのサイクルに間に合わなくなることから、年齢を重ねるほどできやすく、また顔や手の甲など、常に露出している部位はできやすい場所であることがわかっています。さらに細かくみると顔の中でも日光など紫外線が最も強くあたる頬や目の横などは最もできやすい場所というだけでなく、できてしまうと目立ちやすいのが特徴です。

 

シミの治療法は内服や外用薬によるもの、さらにはレーザーなどの電磁波治療なども導入されていますが、いったんできてしまったものを完治するのは簡単な事ではなく、根気と時間が必要です。そのためなるべく若いうちから日焼け止めを利用にして予防をしておくことはシミ対策としては最も有効です。肌に有害な紫外線は2種類あり、日焼けやサンバーンなど目で見てすぐわかる影響を与えるのはUV-B波です。素肌のまま直射日光に当たり続けていると肌表面が炎症を起こし、この結果シミになりやすいことがわかっています。

 

日傘や防止などである程度ブロックはできますが、照り返しなどで防げない部分もできてくるため、最も有効なのが日焼け止めをきちんと塗る事です。汗などで流れてしまうことがあるため、ウォータープルーフタイプでなければこまめに塗りなおしたほうがいいでしょう。全体的に伸ばし、頬など気になる部分は特に念入りに重ね塗りなどしてUVを防ぎます。

 

手にできやすい人は外出時にはこう全体に塗ると有効なシミ予防になります。またUV-B波と異なり、その場ではあまり変化がわからないものの皮膚の奥に蓄積するのがUV-A波で、曇りの日や室内でもふりそそいでいます。UV-A波の悪影響はある程度の年数がたってから現れるので、早いうちから対策をはじめ、日焼け止めは直射日光が強くなる夏だけでなく1年を通して塗っておくことが大切です。

 

家の中では肌にやさしいものを、外出時にはSPF値が高いものを、日焼けしやすい場所を重点的に塗っておくと紫外線の悪影響を最小限に防ぐことができます。毎日の積み重ねが色素沈着を予防するには大切です。普段のケアに気を使うとともに海や山などに行くときだけでなく日常生活の中でもできやすい場所には注意を払い、日にあたる可能性がある場合には常に日焼け止めが塗られている状態に保っておきましょう。

 

面積や色によっても目立ち方が違いますが女性に関してはとくにホルモンの変化上、中年以降は両頬を中心に範囲が広いシミができやすくなるので日焼け止めは、いくつかの種類を常備しておき、用途に応じて使い分けるのが美白肌にとっては理想的です。自分のにあったものを選び、こするようにして塗ると摩擦で肌を傷める事があるのでなでるようにしてすばやく伸ばし、落とす時には専用のクレンジング剤を使います。