よく笑う笑顔美人でいるためにも、紫外線と乾燥肌対策を

よく笑う笑顔美人でいるためにも、紫外線と乾燥肌対策を

 「私よく笑うから笑いジワが出来ちゃって」という人に時々お会いします。しかしこの考えは間違いです。

 

泣いてばかりいる赤ちゃんにシワはありませんし、笑い転げている小学生にもシワはありません。つまり、皮膚を頻繁に動かすからシワができるのではなく、肌がダメージを受けて弾力を失っているからシワができるのです。肌にダメージを与える二つの大きな要因は紫外線と乾燥です。

 

見落とされることが多い点ですが、春の紫外線は非常に強く、肌の深くまで入り込むので、シミもしくは日焼け、というよりもシワの原因になります。また体もまだ冬モードから変わり切っていないので、肌自体も弱く、強い紫外線に対応する準備ができていない状態です。それでこの時に、しっかりとした日焼け止め対策が必要となります。日焼け止めも塗らずに日傘をささずになんてもってのほかです。日焼け止めを一年中使うのは基本中の基本ですが、四月に入ったら夏使用の物に切り替えることを忘れないようにしましょう。

 

曇っていて日差しが強くないとしても要注意です。日差しと紫外線は別物なので、日焼け止めをケチる、なんて考えないでください。さらに、乾燥も大敵です。洗顔をしてから化粧水をなじませて、それで安心している事なんてありませんか?化粧水にしても乳液にしても、肌に水分と栄養を与えることはできますが、キープすることはできません。

 

つまり、それらを塗りっぱなしにして寝てしまえば、夜のうちにまた蒸発していってしまうのです。せっかくなじませた化粧水が蒸発してしまっては、こんなにもったいないことはありません。そこで必要なのが肌をコーティングしてくれるものです。クリームまたはワセリンでしっかり肌全体をコーティングしてください。その時には顔をマッサージしながら顔が暖かくなるまで行うと効果的です。朝起きて洗顔をするときに肌がもっちりとしていることに気付くはずです。この「もっちり」があればシワはできません。

 

よく笑う笑顔美人でいるためにも、紫外線対策と乾燥肌対策は一日も抜かずに継続して行っていきましょう。